大隈三井子(読み)おおくま みいこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大隈三井子 おおくま-みいこ

1806-1895 江戸後期-明治時代,大隈重信の母。
文化3年3月6日生まれ。19歳で大隈信保(のぶやす)と結婚,2男2女を生む。嘉永(かえい)3年夫と死別。賢明,勤勉で信心も深く,蓮糸(はすいと)でおった曼荼羅(まんだら)42幅を全国の寺におさめて話題となった。明治28年1月1日死去。90歳。肥前佐賀出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android