大雲経(読み)だいうんきょう(英語表記)Dà yún jīng

世界大百科事典 第2版の解説

だいうんきょう【大雲経 Dà yún jīng】

中国,北涼の曇無讖(どんむしん)によって訳された《大方等無想大雲経》6巻の略称国王の仏教保護を説くこの仏典には,浄光天女が王位をつぐ,という一節があった。則天武后愛人薛懐義(せつかいぎ)は,洛陽の僧法明ら9人と共同で,この経に付会した讖文をつくり,〈太后弥勒仏の下生なり,まさに唐に代わって帝位に即くべし〉と宣伝し,689年(永昌1)7月にはこの経を全国にわかち,いわゆる武周革命端緒を開いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android