コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大音竜太郎 おおど りゅうたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大音竜太郎 おおど-りゅうたろう

1840-1912 明治時代の官吏。
天保(てんぽう)11年2月19日生まれ。もと近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩郷士。岩倉具視(ともみ)にみとめられ,慶応4年上野(こうずけ)巡察使となり,軍監兼岩鼻県知県事に任命される。きびしい統治で「首切り竜太郎」とおそれられ半年で失脚。のち大蔵省や蕃地事務局につとめる。大正元年11月23日死去。73歳。字(あざな)は厚竜。号は菱陀。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大音竜太郎の関連キーワード明治時代天保官吏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android