コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大音竜太郎 おおど りゅうたろう

1件 の用語解説(大音竜太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大音竜太郎 おおど-りゅうたろう

1840-1912 明治時代の官吏。
天保(てんぽう)11年2月19日生まれ。もと近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩郷士。岩倉具視(ともみ)にみとめられ,慶応4年上野(こうずけ)巡察使となり,軍監兼岩鼻県知県事に任命される。きびしい統治で「首切り竜太郎」とおそれられ半年で失脚。のち大蔵省や蕃地事務局につとめる。大正元年11月23日死去。73歳。字(あざな)は厚竜。号は菱陀。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大音竜太郎の関連キーワード荒木周道池田成章甲斐九郎練木喜三秀島家良藤森図高二橋謙松田宗寿宮川武行横川蒲汀

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone