コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大須賀康高 おおすが やすたか

1件 の用語解説(大須賀康高の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大須賀康高 おおすが-やすたか

1527-1589 戦国-織豊時代の武将。
大永(たいえい)7年生まれ。徳川家康につかえ,遠江(とおとうみ)(静岡県)馬伏塚(まむしづか)城,横須賀城主となり,武田勝頼軍とたたかう。天正(てんしょう)12年長久手(ながくて)の戦いで先鋒をつとめ,三好(豊臣)秀次軍をやぶった。天正17年6月23日死去。63歳。通称は五郎左衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の大須賀康高の言及

【大須賀[町]】より

…1956年横須賀町と大淵村が合体,大須賀町となった。中心の横須賀は,天正年間(1573‐92)に大須賀康高が横須賀城を築城して以来の城下町で,1682年(天和2)西尾氏が2万5000石(のち3万5000石)で入城し,明治維新を迎えた。1707年(宝永4)の大地震で隆起するまで港もあり,交易の地としても栄えた。…

※「大須賀康高」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大須賀康高の関連キーワード織豊時代安宅康重大木知光大久保彦九郎佐知景則乃美宗勝本庄慶秀本多光典正木正康益子重綱

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone