コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大須賀康高 おおすが やすたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大須賀康高 おおすが-やすたか

1527-1589 戦国-織豊時代の武将。
大永(たいえい)7年生まれ。徳川家康につかえ,遠江(とおとうみ)(静岡県)馬伏塚(まむしづか)城,横須賀城主となり,武田勝頼軍とたたかう。天正(てんしょう)12年長久手(ながくて)の戦いで先鋒をつとめ,三好(豊臣)秀次軍をやぶった。天正17年6月23日死去。63歳。通称は五郎左衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の大須賀康高の言及

【大須賀[町]】より

…1956年横須賀町と大淵村が合体,大須賀町となった。中心の横須賀は,天正年間(1573‐92)に大須賀康高が横須賀城を築城して以来の城下町で,1682年(天和2)西尾氏が2万5000石(のち3万5000石)で入城し,明治維新を迎えた。1707年(宝永4)の大地震で隆起するまで港もあり,交易の地としても栄えた。…

※「大須賀康高」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大須賀康高の関連キーワード横須賀(静岡県)松平忠政(2)大須賀[町]日下部定好横須賀城跡横須賀藩坂部広勝二十八将紅林吉治丹羽氏広久世広宣井上氏大須賀大永勝子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android