大館尚氏(読み)おおだち ひさうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大館尚氏 おおだち-ひさうじ

?-? 室町-戦国時代の武将。
将軍足利義尚(よしひさ)につかえ,文明9年(1477)申次(もうしつぎ)。義尚の近江(おうみ)出陣の際に評定衆となる。のち足利義稙(よしたね)・義晴の申次,内談衆をつとめた。武家故実に通じ,和歌,連歌,書にもすぐれていた。「大館常興日記」により,天文(てんぶん)11年までの生存が確認できる。号は宝秀軒。法名は常興。
【格言など】すみぞめの袖ときくにぞ我もまた心の色はかはらざりける(「義尚公薨逝記」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大館尚氏

生年:生没年不詳
戦国時代の武将,室町幕府の申次,内談衆。父は持房の子教氏。法名常興。その日記『大館常興日記』は政治史上の著名資料であり,天文7(1538)年から同11年までの分が残る。将軍足利義尚の御供衆となり,文明9(1477)年には申次となる。長享1(1487)年9月の義尚の近江出陣には五番衆の筆頭として従い,評定衆に任ぜられている。将軍足利義稙・義晴らにも仕えて申次,内談衆となり,将軍に近侍して公家とも往来した。八十余歳を生き,『大館常興書札抄』『書札認様秘伝抄』『大館年中行事』『大館伊予守一冊』などの故実書を残した。

(森田恭二)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の大館尚氏の言及

【大館常興日記】より

…1538‐42年(天文7‐11)の大館(おおだて∥おおだち)尚氏(法名常興)の日記。途中欠損して伝わらない部分が多い。…

※「大館尚氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android