大黒常是(5代)(読み)だいこく じょうぜ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大黒常是(5代) だいこく-じょうぜ

1665-1732 江戸時代前期-中期の銀貨鋳造師。
寛文5年生まれ。本阿弥光怡(ほんあみ-こうい)の3男。4代大黒常是の娘婿。元禄(げんろく)15年に江戸銀座の銀改役(あらためやく)を解任されたが,正徳(しょうとく)4年に復帰した。享保(きょうほう)17年9月死去。68歳。名は常量,のち常栄。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android