コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンデル Händel, Georg Friedrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘンデル
Händel, Georg Friedrich

[生]1685.2.23. ハレ
[没]1759.4.14. ロンドン
ドイツ生まれのイギリスの作曲家。ハレのオルガン奏者フリードリヒ・W.ツァハウから音楽教育を受けたが,父の意志によりハレ大学で法律を学んだ。学生時代にハレ教会のオルガン奏者となり,1703年にはハンブルク・オペラに加わって『アルミーラ』 (1705) などのオペラを作曲。 1706~10年にイタリアへ旅行し,100曲以上のカンタータを作曲。イタリア歌唱法を身につけて,ヘンデル様式の基礎をつくった。 1710年にイギリスに渡り,王室のために管弦楽『水上の音楽』 (1717頃) などを作曲する一方,イギリスにおけるイタリア・オペラの確立に尽力,劇場経営で苦難を重ねながら,『ジュリアス・シーザー』 (1724) をはじめ 40曲に及ぶオペラを作曲。また 1730年代からオラトリオの作曲にも力を入れ,1741年『メサイア』を作曲,翌 1742年ダブリンで発表し大成功を収めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヘンデル

ドイツ生れの作曲家。のち英国籍を得て(1727年)George Frideric Handelと名のる。中部ドイツのハレに生まれ,同地のオルガン奏者ツァハウの薫陶を受ける。
→関連項目キリスト教音楽クープラングルックスカルラッティハレバロックブラームスラモー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ヘンデル

ドイツの作曲家。ハレでオルガン奏者を務めたのちハンブルクでオペラの作曲を始めた。一時イタリアへ赴き、おそらくイタリア時代の最後のころに、ハノーファー選帝侯に知己を得たものと思われる。1710年、イタリ ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘンデル【Georg Friedrich Händel】

1685‐1759
ドイツ生れの作曲家。のちイギリスへ渡りイギリス国籍を得てGeorge Frideric Handelと名のる。中部ドイツのハレに生まれ,同地のオルガン奏者ツァハウの下に学び,この師によって国際的な視野と感覚を植え付けられた。18歳のとき自由都市ハンブルクへ出てオペラ作曲家として頭角を現し,21歳でイタリアへ赴き,主としてルスポリ公爵の邸宅を中心として活躍し,多くのカンタータを作曲するかたわら,イタリア・オペラの技法と様式を身につける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ヘンデル【Georg Friedrich Händel】

1685~1759) ドイツ生まれのイギリスの作曲家。後期バロック音楽最後の巨匠の一人。簡明な技法で雄渾壮大な曲をつくり、ロンドンを中心にイタリア-オペラ、オラトリオなどの作曲に活躍した。管弦楽曲「水上の音楽」「王宮の花火の音楽」、オラトリオ「メサイア」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘンデル
へんでる
Georg Friedrich Hndel
(1685―1759)

バッハとともにドイツのバロック音楽を代表する作曲家。2月23日、中部ドイツ、ザーレ河畔のハレで生まれる。父はザクセン・ワイセンフェルス宮廷付外科医で、ヘンデルが音楽家になることに反対だったが、彼の優れたオルガン演奏を聴いたワイセンフェルス公アウグストに認められ、ハレの聖マリア教会オルガン奏者ツァハウのもとで学ぶことを許された。1702年ハレ大学法科に入学するが、同地でオルガン奏者としての仕事も始めており、そのころテレマンとの生涯に及ぶ交遊も始まっている。1703年ハンブルクに赴く。ゲンゼマルクト(鵞鳥(がちょう)市場)のオペラ劇場は、カイザーの指導下に隆盛を極めていたが、ヘンデルはバイオリン奏者、チェンバロ奏者として実地の経験を積んだのち『アルミーラ』(1705)などの作品を上演した。またこのころマッテゾンとも親交を結び、1703年にはともにリューベックのブクステフーデを訪れている。
 おそらく1706年末、ヘンデルはイタリアに赴いた。彼の才能は、ローマに着くとすぐさまルスポリ侯爵家をはじめとする貴族たちに喜んで受け入れられた。1708年4月ルスポリ家におけるオラトリオ『復活』の上演には、コレッリの率いる45人の奏者が参加し、1500部の歌詞本が印刷されている。同年6~7月ヘンデルはナポリを訪れ、アルビート公のために劇的カンタータ『アーチとガラテアとポリフェーモ』を上演、1709年末からはベネチアでオペラ『アグリッピーナ』を27回も上演し、大成功を博している。イタリア時代、彼はコレッリやスカルラッティ父子とも親交を結び、音楽的にも大きな影響を受けた。
 イタリアで名声をあげたヘンデルは、1710年ステッファニの後任としてハノーバー宮廷楽長に就任、ドイツに帰るが、その年のうちには休暇を得てロンドンに向かい、1711年クイーンズ・シアター上演のオペラ『リナルド』が大成功を収め、イギリスを活動の本拠とすることになる。こうして『忠実な羊飼い』(1712)、『テセオ』(1713)などのオペラが書かれた。
 1714年8月、アン女王が世を去り、9月にはハノーバー選帝侯ゲオルク・ルートウィヒがイギリス王ジョージ1世として即位した。1717年7月17日、テムズ川での王の船遊びのために上演されたものが『水上の音楽』である。1719年、ヘイマーケットのキングズ劇場を本拠とするロイヤル音楽アカデミーというオペラ団体の設立で、ヘンデルの活動は新段階に入る。『オットーネ』(1723)、『ジュリアス・シーザー』(1724)をはじめ彼のオペラ創作の最盛期を迎えるのである。しかし1728年、ゲイの台本とペプシュの作曲による『乞食(こじき)オペラ』がリンカンズ・イン・フィールズ劇場で大成功を収めると、アカデミーは大打撃を受けることになる。『乞食オペラ』の内容はアカデミーのオペラを皮肉り、政治の腐敗や宮廷人を槍玉(やりだま)にあげた風刺的なもので、ヘンデルの音楽もパロディー化された。なお、すでに1723年に王室礼拝堂作曲家に任じられていたヘンデルは、1727年、ジョージ1世の死後即位したジョージ2世の戴冠(たいかん)式のために大規模な『戴冠式アンセム』を上演し深い感銘を与えている。彼はまた、ジョージ1世の死の直前の1727年2月20日、イギリス国籍を獲得している。
 1729年アカデミーの再建が図られ、ヘンデルは歌手獲得のためにベネチアとローマに旅したが、帰路ハレに母を訪ねている。再建されたアカデミーで彼はオペラ『ポーロ』(1731)などで成功を収めたが、1733年にはふたたび新たな対抗団体が出現し、アカデミーは苦境に陥った。リンカンズ・イン・フィールズ劇場を本拠とする「貴族オペラ」という団体である。ヘンデルに対抗するこの団体の作曲家はボノンチーニとポルポラ、さらにのちにはハッセが音楽監督となった。
 ヘンデルはこのころから本拠を新装なったコベント・ガーデン劇場に移し、『アルチーナ』(1735)などのオペラや『アレクサンダーの饗宴(きょうえん)』(1736)などのオラトリオの上演で対抗したが、結局両団体とも共倒れの悲哀をなめざるをえなかった。ただ、このころ、オラトリオの幕間にヘンデル自身の独奏によるオルガン協奏曲を演奏する習慣が定着し、人気を博した。
 1737年4月、卒中に襲われ半身不随となったヘンデルは、温泉治療のためアーヘンで夏を過ごした。しかし奇跡の回復ののちロンドンに帰った彼は、12月にはキャロライン王妃の葬儀のための『葬送アンセム』上演で健在ぶりを示し、翌1738年、ハイデッガーが率いるキングズ劇場でオペラ『ファラモンド』『クセルクセス』を上演するが、いずれも不成功に終わった。こうした状況のもとに、ヘンデルの活動の重心はしだいにオラトリオの分野に移っていった。こうして1739年には『サウル』『エジプトのイスラエル人』『聖セシリアの日のための頌歌(しょうか)』などのオラトリオが初演されたが、成功には至らなかった。
 ヘンデル起死回生の一作となったのがオラトリオ『メサイア』である。1741年8月にアイルランド総督の依頼を受け、わずか24日で完成されたこの作品は、翌1742年4月13日ダブリンで初演され大成功を収めた。これに勢いを得た彼は、『ベルシャザール』(1745)、『ユダス・マカベウス』(1748)などの名作オラトリオを上演し、おりから産業革命の結果形成されつつあったイギリスの中産階級の支持を受けることに成功した。またオーストリア継承戦争に勝利したイギリスが、アーヘンでの平和条約締結を祝う1749年4月27日の記念祝典に上演されたのが『王宮の花火の音楽』である。
 1753年には白そこひ(白内障)のため完全に失明するが、以後も指揮やオルガン演奏に活躍し、1757年3月初演の最後のオラトリオ『時と真理の勝利』に至るまで口述で作曲も続けたが、1759年4月14日、ロンドンで惜しくも世を去り、遺言に基づいてウェストミンスター寺院に埋葬された。[樋口隆一]
『渡部恵一郎著『ヘンデル』(1966・音楽之友社) ▽S・サディー著、村原京子訳『ヘンデル』(1975・全音楽譜出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヘンデルの言及

【オラトリオ】より

…主な作曲家は,A.スカルラッティ,マルティーニ,N.ヨメリ,J.A.ハッセ,ハイドン,モーツァルトなどである。中でもヘンデルは,イタリア語の《復活》(1708)から英語オラトリオ《メサイア》(1742)への道を開いた。その間ドイツではプロテスタント教会音楽の中でオラトリオの独自の型が形成された。…

【水上の音楽】より

ヘンデルの管弦楽組曲。ハレ版《新ヘンデル全集》では22曲。…

【テ・デウム】より

…他方,近世に入ってからは,国家的慶事や戦勝祝賀のために,大規模かつ壮麗なスタイルで作曲されることが多い。このジャンルに属する作品には,ベルサイユの宮廷音楽総監督リュリがルイ14世の病気平癒を祝って作った曲(1677),ヘンデルがイギリス国王の戦勝を祝って作曲した《デッティンゲンのテ・デウム》(1743),ベルリオーズがパリ万国博覧会に際して発表した曲(1855初演),ブリテンが第2次世界大戦の終結を神に感謝して作った《フェスティバル・テ・デウム》(初演1945)などがある。なお特定の機会に結びつくものではないが,広く知られた曲に,ブルックナー(1884),ドボルジャーク(1892),ベルディ(1896)の作品がある。…

【バロック音楽】より

…およそ16世紀末から18世紀前半にかけての音楽をいう。この時代に活躍した音楽家の中では,J.S.バッハ,ヘンデル,ビバルディらの名が広く知られているが,彼らは後期バロックの巨匠であり,初期を代表するモンテベルディやフレスコバルディ,中期のリュリやコレリらも見落とすことができない。同時代の美術の場合と同じく,バロック音楽を社会的に支えたのは,ベルサイユの宮廷に典型を見る絶対主義の王制と,しだいに興隆する都市の市民層であった。…

【マッテゾン】より

…学問と音楽の両面できわめて広範な教育を受けた後,ハンブルク・オペラの歌手,さらには作曲家として活躍。自作オペラの上演のときは,若いヘンデルと大げんかになったが,すぐ仲直りをし,ヘンデルのオペラ《アルミラ》の上演に際してはみずから主役歌手を務めた。1706年からハンブルク駐在イギリス大使の秘書として活躍しながらも音楽界からは退かず,15‐28年にはハンブルク大聖堂の音楽監督を務めた。…

【メサイア】より

ヘンデルの宗教的オラトリオの一つ。1741年の夏わずか3週間ほどで作曲され,翌年ダブリンで初演された。…

※「ヘンデル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘンデルの関連キーワードザルツブルク・バロック聖霊降臨祭音楽祭イングリッシュ・バロック・ソロイスツミュンヘン・バッハ管弦楽団、合唱団バロック時代 [baroque]アムステルダム・バロック管弦楽団ウォルター・ニューマン フラワーティンパニー[timpani]イングリッシュ・コンサートクリストファー ホグウッドヨッヒェン コヴァルスキーアルブレヒト マイヤーアルノルト シェリングラウリツ メルヒオールウェストミンスター寺院王室大厩舎・王宮付楽団コンチェルト・ケルンレ・タラン・リリクボストン・バロックデラー・コンソートラ・フォンテーヌ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘンデルの関連情報