しゃ

精選版 日本国語大辞典「しゃ」の解説

しゃ

[1] 〘接頭〙 多く体や衣服、調度などに関する名詞、および、副詞動詞形容詞の上に付いて、侮蔑の気持をこめていう。しゃっ。「しゃ顔」「しゃ面」「しゃ冠(かぶり)」「しゃ付ける」「しゃほんに」「しゃまだるい」など。
今昔(1120頃か)二八「しゃ顔は猿の様にて」
[2] 〘感動〙
① 人をあざけりののしるときに発する語。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「果して雪を蹴たてつつ、狂ひ来るものありけり。〈略〉這(シャ)何程の事をなさんとひとりこち」
② やけになって、状況をあざけりののしる語。自嘲して発する語。くそっ。
浄瑠璃・菅原伝授手習鑑(1746)一「神詣の御車で罰が当ろとシャ儘よ」
③ 意外なことに驚いて発する語。
瑠璃・忠臣金短冊(1732)二「女も共に勢(きほ)ひかかれば待った、せくなと押しとどめ、シャ扨は先年御勘気受け、お国をたちのき切腹ありし、七郎大夫の一子勘平殿とは貴殿の事か」
④ 事が思いどおりになったときなどに発する語。しめた。
※浄瑠璃・忠臣金短冊(1732)三「案内しらねばずっとは来(き)られぬ。ておかふといふに気が付、シャよい事をと九重が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「しゃ」の解説

しゃ

[感]あざけりののしるとき、また、驚いたときなどに発する声。
「―何程の事有らん」〈浄・矢口渡
[接頭]名詞、また副詞・動詞・形容詞などに付いて、卑しめののしる意を表す。「しゃつら(=)」「しゃくび」「しゃまだるい」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android