コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しゃ シャ

デジタル大辞泉の解説

しゃ

[感]あざけりののしるとき、また、驚いたときなどに発する声。
「―何程の事有らん」〈浄・矢口渡
[接頭]名詞、また副詞・動詞・形容詞などに付いて、卑しめののしる意を表す。「しゃつら(=面)」「しゃ首(くび)」「しゃまだるい」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃ

( 感 )
人をあざけったり、ののしったりするときに発する語。 「 -何事かあらん/浄瑠璃・最明寺殿」

しゃ

( 接頭 )
名詞に付いて、卑しめののしる意を表す。しゃっ。 「 -つら」 「 -首」
動詞・形容詞・副詞などに付いて、語勢を強めるのに用いる。 「 -取る」 「 -まだるい」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

しゃの関連キーワード日本郵政公社(にほんゆうせいこうしゃ)きりきりしゃん斜に構える花の本芹舎かつぎ茶屋やしゃます借地借家法さしゃる三つの車力者法師しゃます形容詞金剛錠襲芳舎金剛鑽幄の屋熱輻射南蛮砂野萵苣伊達者

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しゃの関連情報