天の逆手(読み)アマノサカテ

デジタル大辞泉の解説

あま‐の‐さかて【天の逆手】

まじないをするときに、普通とは違った打ち方をする柏手(かしわで)。具体的な打ち方は未詳。
「―を打ちてなむ呪(のろ)ひ居(を)るなる」〈伊勢・九六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あまのさかて【天の逆手】

呪術の一。普通とは違う方法で打つ柏手かしわで。実際にどのような打ち方をしたのか不明。 「 -を青柴垣に打ち成して/古事記 上訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あまの【天の】 逆手(さかて)

呪術(じゅじゅつ)の一つで、普通とは逆の柏手の打ち方をすること。呪いの動作とされているが、具体的な打ち方については未詳。
古事記(712)上「即ち、其の船を蹈み傾けて、天逆手(あまのさかて)を青柴垣(あをふしかき)に打ち成して、隠りき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android