柏手/拍手(読み)カシワデ

百科事典マイペディアの解説

柏手【かしわで】

または開手(ひらで)ともいう。神前での神拝作法。古くは朝廷の儀式,賜物(たまいもの),捧物(ほうもつ)の場合や民間の飲食に際して行ったという。二,四,八の各柏手があり,八度打つのは八開手(やひらで)と称す。ほかに短柏手(しぬびで)という小さく短く打つものもある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

とっさの日本語便利帳の解説

柏手

神前で拝礼の際に両方の手の平を打ち合わせて音を立てること。儀礼的な動作として手を打つ「拍手」が「柏手」とも表記され、これを訓読したことで成立した。また、宮中で調理を司る人のことを「膳夫(かしはで)」と呼んだことと関係すると考えることもできる。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かしわで【柏手】

神を拝むとき,両掌を打ち合わせて音をたてる作法。単に拍手(はくしゆ)あるいは開手(ひらで)ともいう。拍手は元来歓喜,感動などの表示とされるが,度数や形式を定めて行うのは世界にも類例のない神拝作法であるという。一般の神社式では2度打つのが普通であるが,伊勢神宮のように八開手(やひらで)と称して8度打つ場合もある。古くは朝儀にもこれを行い,賜物,捧物(ほうもつ)などの場合や飲食をとるにあたってもこれを行った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の柏手/拍手の言及

【拍手】より

…折口信夫によると,平安期の大饗(おおあえ)と名付けられた饗宴には正客が正席につくと,列座の衆が拍手するのが本式で,宴(うたげ)とは〈うちあげ(拍ち上げ)〉で礼拝を意味したが,時代を経るにしたがって饗宴全体をあらわし,ついには酒宴をさすようになり,これが饗宴の主要部を構成すると考えられるようになったという。柏手(かしわで)手打【藤井 正雄】。…

※「柏手/拍手」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android