天は自ら助くる者を助く(読み)テンハミズカラタスクルモノヲタスク

デジタル大辞泉の解説

天(てん)は自(みずか)ら助くる者を助く

Heaven helps those who help themselves.》天は、他人に頼らずにひとりで努力する者を助けて幸福を与える。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

てん【天】 は 自(みずか)ら助(たす)くる者(もの)を助(たす)

(Heaven helps those who help themselves. の訳語) 天は他人の助けを借りないで自身で努力する者を助けて成功させる。
西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「天は自(ミヅカ)ら助くるものを助くと云へる諺は、確然経験したる格言なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android