コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天体暦 てんたいれき astronomical ephemeris

5件 の用語解説(天体暦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天体暦
てんたいれき
astronomical ephemeris

1年間にわたり天文観測に必要な太陽,月,惑星,おもな恒星の天球上の位置をはじめ,観測に必要なすべての資料が網羅されている。たとえば暦表時 ET0時における太陽,月,惑星の毎日の視赤経,視赤緯,視半経,地平視差,おもな恒星の 10日ごとの赤経,赤緯,世界時 UTと恒星時との関係,日食月食,恒星食 (→掩蔽 ) などの天文現象,恒星の位置計算に必要な日数などが記載されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てんたい‐れき【天体暦】

太陽・月・惑星・恒星などの位置のほか、日食・月食、日月の出没などの天文現象を記載した年間暦。天体観測・暦計算・天文航法などに利用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

てんたいれき【天体暦 astronomical ephemeris】

太陽,月,惑星,小惑星,衛星などの推算位置や基本星の平均位置と固有運動,さらに日月食,えんぺい,日月出没などの予報値を掲載した年刊暦。各種の天文観測の際に使われるほか,航海暦や簡略天文年表の編纂(へんさん)にも利用され,この種のものでは最高の精度を備えたものである。日本の天体暦には《天体位置表》があるが,外国では仏暦Connaissance des Temps(1679創刊,経度局発行),英暦Astronomical Ephemeris(旧称Nautical Almanac,1767創刊,グリニジ天文台発行),独暦Berliner Astronomisches Jahrbuch(1776創刊,天文計算局発行,1959廃刊),スペイン暦Efemérides Astronomicas(旧称Almanaque Nautico,1791創刊,海軍天文台発行),米暦American Ephemeris and Nautical Almanac(1855創刊,海軍天文台発行),ソ連暦Astronomicheskii Ezhegodnik(1922創刊,理論天文学研究所発行),インド暦Indian Ephemeris(1957創刊,気象局)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

てんたいれき【天体暦】

太陽・月・惑星・恒星などの位置および出没や日食・月食など、天体の諸事象を記載した暦。天体観測や航海に利用する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天体暦
てんたいれき

1年間の諸天体の位置や、これら諸天体の間におこる諸現象の予報値を記載した暦書。元来、航海者のために生まれたものであるが、20世紀に入って天文学専用となった。推算された位置を観測と比較することによって、その根拠となる力学的理論と、これに使用する諸定数を検証するためである。世界の主要な天体暦は、1679年フランス経度局が創刊したフランス暦Connaissance des Temps、1767年からイギリス、グリニジ天文台が刊行しているイギリス暦Astronomical Ephemeris(旧称Nautical Almanac)、1855年以来アメリカ海軍天文台が刊行しているアメリカ暦American Ephemeris and Nautical Almanacがある。日本では1943年(昭和18)以来、水路部(戦前は海軍、戦後は海上保安庁に属す)から出版される『天体位置表』があったが、平成22年(2010)版で刊行終了した。1776年からドイツベルリン天文計算局が発刊していたドイツ暦Berliner Astronomisches Jahrbuchがあったが、1959年廃刊となった。航海暦、常用暦は天体暦から編纂(へんさん)される。恒星の視位置については別にドイツ、ハイデルベルクの天文計算局が出している恒星視位置表Apparent Places of the Fundamental Starsがある。
 なお1976年の国際天文学連合総会で決まった新しい天文定数系に基づく暦が1984年から国際的に実施されることになり、日本では1985年から新しい暦に移行した。[渡辺敏夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の天体暦の言及

【位置天文学】より

…地球運動研究は地球物理学・測地学とも密接に関連する。(3)天体暦の計算 引力則と力学の法則に基づき,月,惑星の位置・運動を計算する。単なる計算技術ではなく天体力学による計算理論,計算の基礎となる天文定数,惑星などの質量の決定などの研究が重要課題となる。…

【中国天文学】より

…こうして漢代に〈太初暦〉(前104)が公用されてから清末に至るまで,50回以上も改暦が行われた。漢代以降の暦法は単に月日を配当するだけのものでなく,日・月食を予報し惑星の位置を計算するものに拡張され,〈天体暦〉の内容をもつようになった。したがって暦法を通じて主要な天文知識の発達を知ることができる。…

※「天体暦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天体暦の関連キーワード軌道論天体地球型惑星太陽系小天体大惑星逆行小惑星系外惑星ケンタウロス族小惑星帯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone