コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航海暦 こうかいれき nautical almanac

6件 の用語解説(航海暦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

航海暦
こうかいれき
nautical almanac

天体暦のうち,航海に役立つ部分をまとめたもの。1年間の各天体の運行,すなわち時間表を載せている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうかい‐れき〔カウカイ‐〕【航海暦】

天文航法に必要な太陽・月・惑星・恒星の毎日の位置などを列記した表。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

航海暦【こうかいれき】

天体を観測して船の位置を知る天文航法用に編纂(へんさん)された簡易天体位置表。太陽,月,天測に利用される惑星,北極星を含む明るい恒星の毎日の位置,その他天文航法に便利な種々の表を集録。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうかいれき【航海暦 nautical almanac】

大洋を航海する船上で,天体観測によって船の位置を計算する際に,便利に使えるように編纂(へんさん)された簡易天体位置表をいう。太陽・月・惑星・おもな恒星の位置,日月出没表,日月食などの記載がある。日本の航海暦には海上保安庁の水路部で発行されている《天測暦》《天測略暦》がある。近年は天体観測に頼る必要のない衛星航法電波航法が実用化されているが,天体観測による天文航法はこれらと共栄の関係にあり,したがって航海暦の編纂は今後とも必要とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうかいれき【航海暦】

航海用のために編纂した天体暦。天球上における星・月・太陽などの日々の位置を記載した表。天測暦。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

航海暦
こうかいれき

航海者が天文航法によって船舶の位置を決定するのに必要な天体の位置を記した暦書。航空機用のものは航空暦という。航海者は、動いている船上でその位置を速やかに決定しなければならないため、天体暦から、とくに航海に便利なように時間間隔を細分した時刻に対して、太陽・月・惑星・明るい恒星(主として1等星)のグリニジ時角と赤緯、太陽・月の出没時刻、正中時刻が記載されている。しかし航海暦は、天文家用の天体位置表に比べて、天体観測器として六分儀を使用するため、その記載精度は劣る。日本には、第二次世界大戦前は海軍水路部が天体暦から編纂(へんさん)した『天測暦』『天測略暦』があり、このうち『天測略暦』は航空用として1926年(大正15)以来刊行されたものである。第二次世界大戦後は海上保安庁海洋情報部(旧水路部)から毎年出版されている。[渡辺敏夫]
『巻幡竹夫著『天文航法』新訂版(1988・成山堂書店) ▽長谷川健二著『天文航法』改訂新版(1994・海文堂出版) ▽航海技術研究会編『練習用 天測暦』(2001・成山堂書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の航海暦の言及

【大航海時代】より

…まず航海技術の面について述べると,四分儀の代りにイスラム教徒から学んだアストロラーブが導入され,また簡単な測定用具としてヤコブの杖が使用された。また低緯度地域で太陽の高度から緯度を測定するための赤緯表を含む航海暦が編纂された。一方,実際の航海活動は国家の独占とされた。…

※「航海暦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

航海暦の関連キーワード壊血病航海天文学大洋天体観測遠洋航海海舶NSクラスStar Walk暦表グレート・ブリテン号

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone