コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天台高僧像 てんだいこうそうぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天台高僧像
てんだいこうそうぞう

天台宗に関係のある龍樹善無畏,智 顗などのインド,中国僧に,日本の最澄円仁および聖徳太子を加えた 10幅の肖像画。 11世紀後半の作。絹本着色。国宝。兵庫県加西市一乗寺蔵。おそらく将来の図像などに基づき,高僧の修行の姿を理想的に描いたと思われる。著しい補修改変の跡が認められるものも少くないが,坐像立像,正面向き,側面向きなど変化に富み,豊麗な彩色文様と相まって,平安時代後期の高僧像のすぐれた例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

天台高僧像の関連キーワード兵庫県加西市坂本町天台宗

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android