コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天台高僧像 てんだいこうそうぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天台高僧像
てんだいこうそうぞう

天台宗に関係のある龍樹,善無畏,智 顗などのインド,中国僧に,日本の最澄,円仁および聖徳太子を加えた 10幅の肖像画。 11世紀後半の作。絹本着色。国宝。兵庫県加西市一乗寺蔵。おそらく将来の図像などに基づき,高僧の修行の姿を理想的に描いたと思われる。著しい補修改変の跡が認められるものも少くないが,坐像,立像,正面向き,側面向きなど変化に富み,豊麗な彩色文様と相まって,平安時代後期の高僧像のすぐれた例である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報