コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天地分離神話 てんちぶんりしんわ

1件 の用語解説(天地分離神話の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天地分離神話
てんちぶんりしんわ

宇宙開闢を説明する神話の一類型 (→宇宙開闢説 ) 。原初に一つであった天と地がなんらかの原因で互いに分れることによって現在の世界が出現したとする。農耕を主とする母権的社会に多く,東南アジアを中心に広く分布している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の天地分離神話の言及

【象徴】より

…象徴はきわめて多義的な概念であるが,ごく一般的には,たとえば鳩は平和の象徴であるとか,王冠は王位の象徴であるとかいうように,目や耳などで直接知覚できない何か(意味や価値など)を,何らかの類似によって具象化したもの(物や動物や,あるいはある形象など)をいう。〈象徴〉を意味する西欧語(英語のシンボルsymbolなど)の語源は,ギリシア語の動詞symballein(〈いっしょにする〉の意)からきた名詞シュンボロンsymbolonで,何かのものを二つに割っておき,それぞれの所有者がそれをつきあわせて,相互に身元を確認しあうもの=割符を意味した。…

※「天地分離神話」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天地分離神話の関連キーワード宇宙開発委員会宇宙開闢説宇宙旅行擬制宇宙開発戦略本部宇宙基地宇宙コロニー宇宙政策委員会スペース・ウォーズ/宇宙十字軍宇宙開闢紀元

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone