コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天地有情 てんちうじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天地有情
てんちうじょう

土井晩翠詩集。 1899年発表。 41編の詩のほかに,T.カーライル,P.B.シェリーらの詩論,詩人論の訳を付したもの。漢詩の伝統を生かした雄渾な調べで諸葛孔明尽忠と悲運をうたった新体長詩『星落秋風五丈原』,瞑想的感懐をうたった『暮鐘』などが代表作

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てんちうじょう〔テンチウジヤウ〕【天地有情】

土井晩翠の第1詩集。明治32年(1899)刊。漢語調・七五調定型詩40編、訳文5編からなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんちうじょう【天地有情】

詩集。土井晩翠作。1899年(明治32)刊。漢詩の素養のにじみ出た格調高い詩集。代表作「星落秋風五丈原」を含む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

天地有情の関連キーワード土井晩翠(どいばんすい)土井 晩翠彫虫篆刻素養払う囈語幽林小補

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android