土井晩翠(読み)どい・ばんすい

朝日日本歴史人物事典「土井晩翠」の解説

土井晩翠

年:昭和27.10.19(1952)
生年:明治4.10.23(1871.12.5)
明治から昭和時代の詩人,英文学者。本名土井林吉(昭和9年ごろ土井の読みを「どい」と改める)。仙台生まれ。父は林七,母はあい。東大英文科卒。在学中,雑誌『帝国文学』の編集委員となって作品を発表。明治32(1899)年,第1詩集天地有情』を刊行し,漢語を多用する男性的な新体詩人として,女性的な詩風の島崎藤村と並称される。特に「丞相(諸葛孔明)病あつかりき」のリフレインを持つ長詩「星落秋風五丈原」が愛誦された。明治33年,二高教授。34年には第2詩集『暁鐘』を刊行した。34~37年,ヨーロッパに外遊。39年の第3詩集『東海遊子吟』以後,詩作には精彩を欠いたが,東西両洋の文学に精通する博識により,評論,翻訳で多数の著作をなした。今日では一般に名曲「荒城の月」(滝廉太郎作曲)の作詞者として知られる。癇癪持ちで,将棋に負けたりすると,盤を引っ繰り返さんばかりにくやしがったという。<著作>『晩翠詩抄』

(古田島洋介)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「土井晩翠」の解説

土井晩翠
どいばんすい

[生]明治4(1871).10.23. 仙台
[没]1952.10.19. 仙台
詩人,英文学者。本名,林吉。 1932年頃姓の「つちい」を「どい」と改音。 1897年東京大学英文科卒業。在学中から雑誌『帝国文学』の編集に従事,同派の詩人として名をなした。 98年東京音楽学校編『中学唱歌』のために『荒城の月』を作詞。 99年高山樗牛の協力で処女詩集『天地有情』を刊行,集中の代表作『星落秋風五丈原』 (1898) で,漢詩調による悲壮美の表現に独創性を示した。これにより男性的な調べの叙事詩人としての声価が決定的となり,対立的な詩風の島崎藤村と並んで新体詩の代表的詩人と目された。ほかに詩集『暁鐘』 (1901) ,『東海遊子吟』 (06) ,『曙光』 (19) など。ホメロスの『イーリアス』 (40) ,『オヂュッセーア』 (43) など翻訳もある。芸術院会員。 1950年文化勲章受章。

土井晩翠
つちいばんすい

土井晩翠」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「土井晩翠」の解説

土井晩翠 どい-ばんすい

1871-1952 明治-昭和時代の詩人,英文学者。
明治4年10月23日生まれ。32年「天地有情(うじょう)」で新体詩人の地位を確立。漢文調の叙事詩にすぐれた。「荒城の月」を作詞。二高教授をつとめ,「イーリアス」などを翻訳。昭和25年文化勲章。昭和27年10月19日死去。80歳。宮城県出身。東京帝大卒。本名は土井(つちい)林吉。詩集に「暁鐘」「曙光」など。
【格言など】春高楼の花の宴 めぐる盃かげさして 千代の松が枝わけいでし むかしの光いまいづこ(「荒城の月」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「土井晩翠」の解説

土井晩翠【どいばんすい】

明治期の詩人,英文学者。本名林吉。姓は〈つちい〉,1934年〈どい〉に改称。仙台生れ。東大英文卒。在学中《帝国文学》の編集委員となり,作品も発表。1899年刊行の第一詩集《天地有情》は世評高く,島崎藤村と併称された。滝廉太郎作曲の《荒城の月》は有名。詩集《暁鐘》《晩翠詩抄》のほか,ギリシア語原典からの《イーリアス》《オデュッセイア》の翻訳をはじめ,カーライルバイロンなどのすぐれた訳業がある。1950年文化勲章。
→関連項目新体詩薄田泣菫

土井晩翠【つちいばんすい】

土井(どい)晩翠

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社日本史事典 三訂版「土井晩翠」の解説

土井晩翠
つちいばんすい

1871〜1952
明治〜昭和期の詩人・英文学者
本名林吉。後年は「土井」を「どい」と改音。宮城県の生まれ。東大英文科卒業後,母校二高(現東北大学)の教授となる。在学中より詩を発表し始め,1899年詩集『天地有情』発表以来,島崎藤村と並称された。その漢詩調・男性的詩風は寮歌校歌に影響を与えた。バイロン,ホメロスの翻訳でも著名である。1950年文化勲章受章。代表作に『荒城の月』『星落秋風五丈原』など。

土井晩翠
どいばんすい

つちいばんすい

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「土井晩翠」の解説

つちい‐ばんすい【土井晩翠】

詩人、英文学者。宮城県出身。本名林吉。晩年、みずから姓を「どい」と称した。東京帝大在学中「帝国文学」を編集、詩を発表した。卒業後、第一詩集「天地有情」を刊行し、島崎藤村と並称される詩人となる。明治三三年(一九〇〇)第二高等学校教授、以後仙台で創作、学究生活を送る。文化勲章受章。詩集「暁鐘」「東海遊子吟」など。明治四~昭和二七年(一八七一‐一九五二

どい‐ばんすい【土井晩翠】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「土井晩翠」の解説

どいばんすい【土井晩翠】

1871‐1952(明治4‐昭和27)
明治期の詩人,英文学者。仙台生れ。本名林吉。1934年〈つちい〉を改称。第二高等中学(後の第二高等学校)を経て1897年東京帝大文科大学英文学科を卒業。在学中から雑誌《帝国文学》の編集委員となり,99年第1詩集《天地有情(てんちうじよう)》を世に問うて好評を博した。なかでも〈荒城の月〉(滝廉太郎作曲)が最も広く知られているが,《三国演義》に材をとった叙事詩〈星落秋風五丈原(ほしおつしゆうふうごじようげん)〉も名高い

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の土井晩翠の言及

【土井晩翠】より

…明治期の詩人,英文学者。仙台生れ。本名林吉。1934年〈つちい〉を改称。第二高等中学(後の第二高等学校)を経て1897年東京帝大文科大学英文学科を卒業。在学中から雑誌《帝国文学》の編集委員となり,99年第1詩集《天地有情(てんちうじよう)》を世に問うて好評を博した。なかでも〈荒城の月〉(滝廉太郎作曲)が最も広く知られているが,《三国演義》に材をとった叙事詩〈星落秋風五丈原(ほしおつしゆうふうごじようげん)〉も名高い。…

※「土井晩翠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android