雄渾(読み)ゆうこん

精選版 日本国語大辞典「雄渾」の解説

ゆう‐こん【雄渾】

〘名〙 (形動) 大で勢いのよいこと。書画筆勢文などが力強くよどみのないこと。また、そのさま。
※詩学逢原(1763)下「江海の詩、天地、日月、風雷、軍旅等の題は、皆強き題なり。此類の詩は豪放雄に作り出し」 〔戴復古‐論詩十絶詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「雄渾」の解説

ゆう‐こん【雄×渾】

[名・形動]雄大で勢いのよいこと。書画・詩文などがよどみなく堂々としていること。また、そのさま。「雄渾な筆致」「雄渾な文章」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android