雄渾(読み)ユウコン

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐こん【雄×渾】

[名・形動]雄大で勢いのよいこと。書画・詩文などがよどみなく堂々としていること。また、そのさま。「雄渾な筆致」「雄渾な文章」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうこん【雄渾】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
(書画・詩文などが)力強く、勢いがあって雄大な・こと(さま)。 「 -な筆致」 「高逸-なる頌歌を吟ぜり/希臘思潮を論ず

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆう‐こん【雄渾】

〘名〙 (形動) 大で勢いのよいこと。書画の筆勢や詩文などが力強くよどみのないこと。また、そのさま。
詩学逢原(1763)下「江海の詩、天地、日月、風雷、軍旅等の題は、皆強き題なり。此類の詩は豪放雄に作り出し」 〔戴復古‐論詩十絶詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雄渾の関連情報