詩論(読み)しろん

精選版 日本国語大辞典「詩論」の解説

し‐ろん【詩論】

〘名〙 詩についての理論。また、詩に関する評論。
※本朝文粋(1060頃)七・目録「省試詩論」
※比興詩を論ず(1905)〈角田浩々歌客〉四「われ等をして端的に先づ有明の詩論を検せしめよ」 〔後漢書‐周燮伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「詩論」の解説

し‐ろん【詩論】

詩についての評論。
詩学」に同じ。
[補説]書名別項。→詩論

しろん【詩論】[書名]

原題、〈ラテンArs poetica》古代ローマの詩人、ホラティウスによる書簡詩形式の論文。原題の直訳は「詩の技法アルスポエティカ)」。後世の詩論、絵画論に大きな影響を与えた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の詩論の言及

【詩学】より

…〈詩〉あるいは〈詩〉の創作にかかわる研究・分析・論考をさす言葉。ただしここでいうところの〈詩〉とは,狭い意味でのいわゆるばかりではなく(このような比較的狭い範囲のものを扱う場合には,〈詩法〉〈詩論〉の用語もしばしば用いられる),文学一般,さらにロシア・フォルマリズムの登場以後の現代においては,まったく違う視座から,芸術全般,文化全般をも含むものとなっている。そのような意味での今日における詩学とは,文化の,あるいは文化の創生にかかわる構造,あるいは〈内在的論理〉とでもいうべきものの解明の学になっているといってもよかろう。…

※「詩論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android