コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詩論 シロン

デジタル大辞泉の解説

し‐ろん【詩論】

詩についての評論。
詩学」に同じ。
[補説]書名別項。→詩論

しろん【詩論】[書名]

原題、〈ラテン〉Ars poetica》古代ローマの詩人、ホラティウスによる書簡詩形式の論文。原題の直訳は「詩の技法アルスポエティカ)」。後世の詩論、絵画論に大きな影響を与えた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しろん【詩論】

詩についての議論や評論。特に、詩を創作・批評する場合のよりどころとなる理論。詩学。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の詩論の言及

【詩学】より

…〈詩〉あるいは〈詩〉の創作にかかわる研究・分析・論考をさす言葉。ただしここでいうところの〈詩〉とは,狭い意味でのいわゆるばかりではなく(このような比較的狭い範囲のものを扱う場合には,〈詩法〉〈詩論〉の用語もしばしば用いられる),文学一般,さらにロシア・フォルマリズムの登場以後の現代においては,まったく違う視座から,芸術全般,文化全般をも含むものとなっている。そのような意味での今日における詩学とは,文化の,あるいは文化の創生にかかわる構造,あるいは〈内在的論理〉とでもいうべきものの解明の学になっているといってもよかろう。…

※「詩論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

詩論の関連キーワードフランス語の擁護と顕揚有り得べからざるもの批判的作詩法の試みポエティックス木下 常太郎詩学(文学)文筆眼心抄カリマコス半谷 三郎西脇順三郎ダンディン文鏡秘府論木下常太郎グラビーナ北川冬彦安西冬衛鮎川信夫吉田一穂春山行夫シドニー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android