コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天来 テンライ

デジタル大辞泉の解説

てん‐らい【天来】

(多く「天来の」の形で)天からこの世に来ること。天から得たかと思われるほどすばらしいこと。「天来の妙技」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

てんらい【天来】

岡山の日本酒蔵元の「小林本店」は明治元年(1868)創業所在地は岡山市東区長沼。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

てんらい【天来】

天から来ること。人の手に成るとは思えないほどすばらしいもの。 「 -の妙音」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

天来の関連キーワード手島右卿(てじまゆうけい)ミルトン失楽園物語佐久市立天来記念館シュライエルマハー比田井 南谷比田井 天来三木 天遊会議は踊る香川 春蘭近藤 雪竹手島 右卿金子 鷗亭1月23日藤原 鶴来比田井南谷住谷 天来上田 桑鳩比田井小琴比田井天来大沢 雅休

天来の関連情報