牧岡天来(読み)まきおか てんらい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧岡天来 まきおか-てんらい

1786/88-1861/63 江戸時代後期の俳人。
天明6/8年生まれ。摂津難波(なにわ)村(大阪府)の人。反古庵左逸にまなび,反古庵をつぐ。天保(てんぽう)12年貞門の立場から桜井梅室を批判した「誹諧(はいかい)七草」を刊行した。文久元/3年11月死去。76歳。別号に花咲舎,松夢陳人,貞虎,墨淵漁夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android