コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天満天神祭 てんまてんじんまつり

2件 の用語解説(天満天神祭の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

天満天神祭【てんまてんじんまつり】

天神祭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天満天神祭
てんまてんじんまつり

大阪市北区天神橋二丁目の天満宮の夏祭。祭日は7月(もと旧暦6月)24、25日。天満の御祓(みそぎ)・鉾(ほこ)流し祭ともいい、京の祇園(ぎおん)祭、江戸の山王(さんのう)祭とともに日本三大夏祭の一つとされる。24日の宵宮(よみや)に鉾流し神事がある。川に神鉾を流して漂着する所を御旅所(おたびしょ)と定めたのに由来するという。いまは形式だけをとどめている。25日の本祭には、神輿(みこし)を乗せた船が堂島川を下り、江の子島から陸路を練って翌朝本社に還幸する。船渡御(ふなとぎょ)の間、橋の上では三瀬御神楽(みせみかぐら)を奏し、川ではお迎え人形船や篝(かがり)船、囃子(はやし)船などが群れ、神幸の行列には台鉾、獅子(しし)、風流(ふりゅう)花傘、八乙女(やおとめ)、稚児(ちご)、武者行列なども加わった。いまは中之島公園付近の渡御だけを行う。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の天満天神祭の言及

【天神祭】より

…旧府社)の祭りが有名である。天満(てんま)天神祭とも呼ばれ,7月25日に行われる。前日に鉾流しの神事があり,25日には中心の行事である神輿(みこし)の川渡御が行われる。…

※「天満天神祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone