コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天神祭 てんじんまつり

7件 の用語解説(天神祭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天神祭
てんじんまつり

大阪府大阪市北区天神橋に鎮座する天満宮例祭。毎年 7月24,25日に行なわれる。室町時代には旧暦 7月7日の祭りだったが,江戸時代に旧暦 6月24,25日に行なわれるようになった。社伝によれば,天暦5(951)年の 6月1日または 6月みそかに,社頭の浜からを流して流れ着いた場所で禊(みそぎ)を行ない,それを神領民などが船を出して迎えたのが始まりとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

天神祭

大阪天満宮(大阪市北区)の夏祭り。京都の祇園祭、東京の山王祭(あるいは神田祭)と共に「日本三大祭り」の一つとされる。毎年7月24日の宵宮と翌25日の本宮の2日間、天満宮近くの大川(旧淀川)一帯で催され、花火とかがり火が川面に映る様子から「火と水の祭礼」と呼ばれる
平安時代の951年に始まったとされ、千年以上の歴史を誇る。祭りは24日朝、神職や神童が堂島川に漕ぎ出し、船の上から神鉾(かみほこ)を流す「鉾流(ほこながし)神事」で開幕する。25日の本宮は、天満宮を出発した神輿(みこし)行列が天神橋の乗船場まで練り歩く「陸渡御(りくとぎょ)」が行われ、そこから100隻余りの船が航行する水上パレード「船渡御(ふなとぎょ)」がスタートする。神様を乗せた船、かねや太鼓で祭りを盛り上げるどんどこ船、企業や団体などが出す奉拝船などが水上を行き交い、祭りは最高潮に。奉拝船では関係者やその客が船上で趣向を凝らした催しや飲食を楽しみ、すれ違う船や川岸や橋の上の見物客らと大阪締めを打ち交わす。夜には、約3千発の奉納花火が打ち上げられ、夜空を彩る。
現在の天神祭は、伝統を継承する神事を核に、渡御行列や花火などの神賑(しんしん)行事、同時に開催される観光行事が取り巻く構造になり、伝統を守りながら時代に応じて変革し、にぎわいを保っている。

(原田英美  ライター / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てんじん‐まつり【天神祭】

大阪市北区にある天満宮の夏祭り。 夏》天満祭(てんままつり)
天神講(てんじんこう)」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

天神祭【てんじんまつり】

菅原道真の月命日である毎月25日の天満大神の祭をいったが,現在では特に7月25日の大阪市北区天満宮の夏祭をいう。京都の祇園(ぎおん)祭とともに関西の夏祭中最大のもの。
→関連項目祭日天神

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

てんじんまつり【天神祭】

天神をまつる神社(天満宮)で行われる祭り。菅原道真の命日である25日を祭日とするものが多い。現在一般に,天満宮は菅原道真を祭神とし,学業の神として信仰されているが,天の神としての天神信仰はより古くからあり,天神祭の内容は必ずしもすべてが道真と結びつけて理解できるものではない。天神祭のうちでは,とくに大阪の天満宮(大阪市北区所在。旧府社)の祭りが有名である。天満(てんま)天神祭とも呼ばれ,7月25日に行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

てんじんまつり【天神祭】

北野祭きたのまつり 」に同じ。
天神講てんじんこう 」に同じ。
天満祭てんままつり 」に同じ。 [季] 夏。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天神祭
てんじんまつり

各地の天神・天満宮(てんまんぐう)の祭礼。祭日を菅原道真(すがわらのみちざね)の命日25日とする神社が多いが、天神は本来天神信仰の天の神であるから内容的には道真と結び付かない場合もある。大阪の天満宮の祭礼が有名である。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天神祭の関連キーワード天満祭大阪天満宮大阪府大阪市北区扇町大阪府大阪市北区芝田大阪府大阪市北区天神橋大阪府大阪市北区天満大阪府大阪市北区天満橋大阪府大阪市北区中津大阪府大阪市北区西天満大阪府大阪市北区東天満

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天神祭の関連情報