コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御祓 オハライ

デジタル大辞泉の解説

お‐はらい〔‐はらひ〕【×祓】

災厄を除くために神社などで行う儀式。「交通安全の御祓を受ける」
毎年6月と12月のみそかに、神社で行う祭事。大阪の天満宮住吉神社などの夏越(なご)しの祓(はらえ)が有名。お祭り。
神社から出す災厄よけのお札。特に、伊勢神宮からの大麻(たいま)。また、それを入れる箱。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おはらい【御祓】

神社で行う災厄除けの神事。 「社頭で-を受ける」
神社で発行する災厄除けのお札ふだ
6月と12月とに行う災厄除けの神事。 「盆と正月其の上に、十夜-煤掃を一度にするとも、かうは有るまい/浄瑠璃・曽根崎心中」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

御祓の関連キーワード一万度の祓箱大麻(神道)再び・二度天満天神祭飛鳥部常則張り子の虎伊勢の御師おみくじ小丸山城出口延佳上西門院七尾城跡伊勢白粉為果てる伊勢暦水銀粉御祓箱五十崎大麻祭事

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御祓の関連情報