コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天然ガスブーム てんねんガスブーム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天然ガスブーム
てんねんガスブーム

化石燃料のなかで天然ガスは,石油や石炭に比べて硫黄酸化物などを排出しないうえ二酸化炭素の排出も2~4割少ないため,地球環境対策の面から低公害エネルギーとされている。都市ガス,あるいは工業用や発電用に使われてきたが,複合発電コジェネレーション燃料電池や,圧縮天然ガス (CNG) やメタノールを燃料とした自動車などにも活用されつつある。ただ,価格が上昇傾向にあり,2000年以降アジア諸国では需要が拡大し供給不足になるとの見方があり,産出地に占める中東の比率が高まるとの懸念も出ている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

天然ガスブームの関連情報