天然放射性核種(読み)テンネンホウシャセイカクシュ

化学辞典 第2版「天然放射性核種」の解説

天然放射性核種
テンネンホウシャセイカクシュ
natural radionuclide

天然に存在している放射性核種.A.H. Becquerel(ベクレル)が1896年にウランから放射線が放射されているのを発見して以来,多くの天然放射性核種が発見されたが,これらは次のように三つに分類される.【宇宙における核合成で生成し,半減期が長いため現在でも存在するもの.三つの崩壊系列(ウラン系列トリウム系列アクチニウム系列)の親核種である 238U,232Th,235U と,40K,87Rb,147Sm,176Lu,187Re などの系列をつくらない天然放射性核種を一次天然放射性核種という.【】一次天然放射性核種の崩壊によって生じる半減期の短いもの.二次天然放射性核種という.【】現在天然で起こっている,原子核反応によって生成した 3H,14C など.誘導天然放射性核種という.[別用語参照]人工放射性核種

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android