コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天然物化学 てんねんぶつかがくchemistry of natural products

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天然物化学
てんねんぶつかがく
chemistry of natural products

天然に存在する物質を研究する化学のなかの一分野。天然物としては天然有機化合物をさす場合がほとんどである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の天然物化学の言及

【薬学】より

…そのおもなものをあげると次のようになる。(1)生薬学,天然物化学 天然の動植物などから,医薬品の開発,利用などについて研究する分野。(2)薬剤学 製剤学ともいい,薬品の製造加工から患者への投与までの過程での諸問題を扱う分野。…

※「天然物化学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天然物化学の関連キーワードフィッシャー(Emil Hermann Fischer)D.ハロルド・リチャード バートンR.B. メリフィールド真島利行(まじまりこう)フラボノイドカロチノイドアルカロイド朝比奈泰彦ステロイド化学合成タンニン落合英二津田恭介バートン有機化学脂肪酸生合成生化学仁田勇北原武

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android