コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天皇賜杯[相撲] てんのうしはい[すもう]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天皇賜杯[相撲]
てんのうしはい[すもう]

大正 14 (1925) 年に,当時の摂政宮 (後の昭和天皇) から下賜された金一封を元に,大阪造幣局に依頼して作製したもので,大正 15 (1926) 年1月場所から本場所の最高優勝力士に授与し,その名を刻むことになって現在にいたっている。賜杯は純銀製で,高さ 108cm,口径 33cm,容量 36l (2斗) ,重さ 30kgである。もちまわり制で,次場所返還 (実際は支度部屋で優勝の記念撮影をするとすぐに日本相撲協会へ返してしまう) の際に,賜杯をかたどった小型の純銀製模杯 (0.54l=3合入り) が贈られることになっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

天皇賜杯[相撲]の関連キーワード島津保次郎清水宏溝口健二衣笠貞之助五所平之助加藤高明内閣エレクトロニクス史(年表)アール・デコ内田吐夢フォード(John Ford(1895―1973))

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android