天神前遺跡(読み)てんじんまえいせき

世界大百科事典 第2版の解説

てんじんまえいせき【天神前遺跡】

千葉県佐倉市岩名字天神前にある弥生時代中期の再葬墓の遺跡。印旛沼の南約1.6kmにあり,標高30mの丘陵上に位置する。1963‐64年に行われた発掘調査によって,6m×8mという限られた範囲から7基の小竪穴が見つかった。各竪穴の平面は,径70~150cmの不整円形をしており,深さはもと50cm内外あったらしい。竪穴中には1~8個の壺を主体とした土器が計20個埋納されていた。ほかに副葬品とみられるものはない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android