再葬墓(読み)さいそうぼ

世界大百科事典 第2版の解説

さいそうぼ【再葬墓】

弥生時代の中期初頭から中ごろにかけて,関東地方を中心として東北地方の中央部に至るまで分布する特殊な埋葬遺跡。直径1m内外の円形平面をした竪穴を掘り,そこへ複数個の土器棺を埋め込んだもので,ときには,10個を超えることもある。これらの土器中に骨が遺存することはまれであるが,一般的に,高さ30~40cmの壺では,1個につき1遺体分の骨が納めてあるらしいから,1竪穴2遺体以上の埋葬が同時に行われたと考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の再葬墓の言及

【天神前遺跡】より

…千葉県佐倉市岩名字天神前にある弥生時代中期の再葬墓の遺跡。印旛沼の南約1.6kmにあり,標高30mの丘陵上に位置する。…

【墳墓】より

…近畿地方や山陰にもみられるが,大型壺を穴に直立させて埋め,石や土器片で口に蓋をしたものが多く,底部に近い所に1ヵ所穿孔したものが多い。関東地方から東北地方南部にかけては数個の壺を一つの穴に埋めることが多く,再葬墓すなわち洗骨の風習があったのではないかと考えられている。関東では方形周溝墓の風が伝わるとこの習俗はなくなる。…

【弥生文化】より

…またこれらのみの墓と並んで,周囲に溝をめぐらした方形の土盛り(方10m前後のものが多い)の中に,木棺墓,坑墓,土器棺墓などを設けた方形周溝墓がある。南関東から東北地方南部にかけては,いったん土葬か風葬にして骨だけとし,その骨を集めて壺に収め埋葬する再葬墓が行われた(III期)。しかし続くIV期には方形周溝墓が伝わり,これを採用している。…

※「再葬墓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android