コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天章慈英 てんしょう じえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天章慈英 てんしょう-じえい

1815-1871 江戸後期-明治時代の僧。
文化12年生まれ。江戸の浄土宗増上寺でまなび,ついで京都建仁寺の全室慈保に師事し臨済(りんざい)宗にかわる。のち同寺の住職。詩文をよくした。勤王派として大原重徳(しげとみ)らと活動。明治4年7月9日暗殺された。57歳。別号に肇海,杞憂庵。詩集に「杞憂余草」,歌集に「竺堂詠草」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

天章慈英の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android