コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天章澄彧 てんしょう ちょういく

1件 の用語解説(天章澄彧の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天章澄彧 てんしょう-ちょういく

1379-? 室町時代の僧,漢詩人。
康暦(こうりゃく)元=天授5年生まれ。加賀(石川県)の人。臨済宗相国寺空谷明応(くうこく-みょうおう)に師事し,応永2年出家。のち絶海中津(ぜっかい-ちゅうしん)に詩文をまなぶ。永享2年(1430)までは生存。道号ははじめ希周。別号に呆庵,栖碧散人。伝記に「常光国師行実」,詩文集に「栖碧稿摘藁(せいへきこうてきこう)」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の天章澄彧の言及

【漢詩文】より

…その後義堂周信,絶海中津も和様に流れることきわめて少なかった。 室町時代に入っても惟肖得巌(いしようとくがん),天章澄彧(てんしようちよういく)などは漢風の作品を生まんと努めたし,和様が加わっても,骨格が漢文本来の文脈をくずさなかった作者に,瑞渓周鳳(ずいけいしゆうほう),横川景三(おうせんけいざん)があった。室町時代後半には五山僧の文学創作欲は衰え,代わって中国儒典の研究熱をたかめ,この方面の学者,たとえば桂庵玄樹(けいあんげんじゆ),文之玄昌(ぶんしげんしよう)(南浦)などが,かたわら詩文を製した。…

※「天章澄彧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天章澄彧の関連キーワード運歩色葉集意雲久阿弥尭誉月湖(1)重阿宗観(1)長雅梵阿三職(室町時代)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone