コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僧録 そうろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

僧録
そうろく

僧事を司る官職をもつで,中国,後秦時代に設置されたもの。日本では室町時代禅宗にこの職がおかれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうろく【僧録】

僧事をつかさどる職。もと中国後秦時代にその名称があらわれ,唐・宋時代は左右両街僧録,明時代には僧録司の制度があった。日本には室町時代以降,禅宗寺院,禅僧を管理・統轄する役職としてとりいれられた。将軍足利義満が1379年(天授5∥康暦1)10月に相国寺の禅僧春屋妙葩(しゆんおくみようは)を任命し,五山官寺制度の最高管理職としたのにはじまる。五山・十刹・諸山官寺の住持任免,位階昇進,寺領与奪や外交文書の作成などを職務とした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そうろく【僧録】

禅宗の僧職。1379年足利義満が宋にならって相国寺の春屋妙葩しゆんおくみようはをこれに任じたのに始まる。五山十刹以下禅寺を管轄、その人事をつかさどった。江戸時代に実権は衰えたが、徳川綱吉が新義真言宗僧隆光を任じたことがある。僧録司。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

僧録
そうろく

官命により僧尼の登録や任免など、僧衆の管理にあたる僧官のこと。同様の職掌に僧正(そうじょう)や僧綱(そうごう)があるが、僧録はおもに禅宗における呼称。中国では後秦(こうしん)のころにこの名称があるが、唐代の802年に端甫(たんぽ)が初めて任じられ、明(みん)代にもその制があった。日本では、1379年(天授5・康暦1)相国(しょうこく)寺の春屋妙葩(しゅんおくみょうは)が足利義満(あしかがよしみつ)に命ぜられ、代々鹿苑院(ろくおんいん)(義満の修禅道場)の院主がこの職に任じられ、1615年(元和1)の以心崇伝(いしんすうでん)に至るまで存続した。曹洞(そうとう)宗では、応安(おうあん)年間(1368~75)に丹波(たんば)(京都府)永沢(ようたく)寺の通幻寂霊(つうげんじゃくれい)が任じられたのが初めで、近世では、幕命により下総(しもうさ)(千葉県)総寧(そうねい)寺、武蔵(むさし)(埼玉県)竜穏(りゅうおん)寺、下野(しもつけ)(栃木県)大中(だいちゅう)寺の各住職が天下大僧録に、遠江(とおとうみ)(静岡県)可睡斎(かすいさい)の住職が東海道大僧録に任じられ、全国に僧録頭(そうろくがしら)、録所(ろくしょ)寺院を配置して一宗を管掌した。また近世では新義真言(しんごん)宗にも僧録があった。[石川力山]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

僧録の関連キーワード蔭凉軒日録(いんりょうけんにちろく)善隣国宝記隆光(2)鳳山等膳厳中周噩仁如集尭笑巌慧忻維馨梵桂月翁周鏡士峰宋山天南松薫彦竜周興竺雲等連徳川綱吉惟高妙安景徐周麟新薬師寺西笑承兌益之宗箴瑞渓周鳳

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android