僧録(読み)そうろく

世界大百科事典 第2版の解説

そうろく【僧録】

僧事をつかさどる職。もと中国後秦時代にその名称があらわれ,唐・宋時代は左右両街僧録,明時代には僧録司の制度があった。日本には室町時代以降,禅宗寺院,禅僧を管理・統轄する役職としてとりいれられた。将軍足利義満が1379年(天授5∥康暦1)10月に相国寺の禅僧春屋妙葩(しゆんおくみようは)を任命し,五山官寺制度の最高管理職としたのにはじまる。五山・十刹・諸山官寺の住持任免,位階昇進,寺領与奪や外交文書の作成などを職務とした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そうろく【僧録】

禅宗の僧職。1379年足利義満が宋にならって相国寺の春屋妙葩しゆんおくみようはをこれに任じたのに始まる。五山十刹以下禅寺を管轄、その人事をつかさどった。江戸時代に実権は衰えたが、徳川綱吉が新義真言宗僧隆光を任じたことがある。僧録司。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

僧録
そうろく

官命により僧尼の登録や任免など、僧衆の管理にあたる僧官のこと。同様の職掌に僧正(そうじょう)や僧綱(そうごう)があるが、僧録はおもに禅宗における呼称。中国では後秦(こうしん)のころにこの名称があるが、唐代の802年に端甫(たんぽ)が初めて任じられ、明(みん)代にもその制があった。日本では、1379年(天授5・康暦1)相国(しょうこく)寺の春屋妙葩(しゅんおくみょうは)が足利義満(あしかがよしみつ)に命ぜられ、代々鹿苑院(ろくおんいん)(義満の修禅道場)の院主がこの職に任じられ、1615年(元和1)の以心崇伝(いしんすうでん)に至るまで存続した。曹洞(そうとう)宗では、応安(おうあん)年間(1368~75)に丹波(たんば)(京都府)永沢(ようたく)寺の通幻寂霊(つうげんじゃくれい)が任じられたのが初めで、近世では、幕命により下総(しもうさ)(千葉県)総寧(そうねい)寺、武蔵(むさし)(埼玉県)竜穏(りゅうおん)寺、下野(しもつけ)(栃木県)大中(だいちゅう)寺の各住職が天下大僧録に、遠江(とおとうみ)(静岡県)可睡斎(かすいさい)の住職が東海道大僧録に任じられ、全国に僧録頭(そうろくがしら)、録所(ろくしょ)寺院を配置して一宗を管掌した。また近世では新義真言(しんごん)宗にも僧録があった。[石川力山]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

そう‐ろく【僧録】

〘名〙
① 中国で僧尼の登録や任免を管掌した官職、役所。五胡十六国の後秦時代に始まり、唐代には祠部に属したが、宋代に独立して左右街僧録司、明代に僧録司と称し、僧尼や寺院を統轄した。中国を模倣して、朝鮮でも高麗時代に設けられた。
※参天台五台山記(1072‐73)七「従者録許清書送、可付名者、加名進奏了、僧録志丁寧人也」 〔六一詩話〕
② 室町中期~江戸時代の禅宗寺院の統率機関。住持の推挙・寺領訴訟の処置などの庶務をつかさどる所。初期の禅律方の後をうけるもの。康暦元年(一三七九)将軍足利義満が中国の制にならって春屋妙葩(しゅんおくみょうは)を任じたのに始まる。やがて業務は相国寺塔頭の鹿苑院(ろくおんいん)院主が兼帯するようになったので鹿苑僧録ともよばれる。元和元年(一六一五)七月鹿苑僧録は廃され、同五年九月以後は徳川家康の崇敬を得た以心崇伝の住した南禅寺金地院(こんちいん)院主が僧録に任ぜられて金地僧録が成立した。僧録司。
※鹿王院文書‐康暦元年(1379)一〇月一〇日・将軍足利義満御判御教書「天下僧祿〈禅家〉事、殊為仏法紹隆申也」
③ 一般に寺院を統轄し、人事をつかさどる僧職名。また、その事務を執る所。
※恩讐の彼方に(1919)〈菊池寛〉三「浄願寺は、美濃一円真言宗の僧録であった」
④ 僧の伝記。
※円照上人行状(1302)「僧録之興基由此焉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android