コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天草炭田 あまくさたんでん

世界大百科事典 第2版の解説

あまくさたんでん【天草炭田】

熊本県天草諸島にある炭田。とくに上島,下島には含炭古第三系が広く発達している。炭質無煙炭であるが,北部の石炭の多くは火成岩の貫入によって炭化が進み,北部の一部および中部以南では断層のために粉炭化している所が多い。埋蔵量約7000万tといわれているが,現在稼行炭鉱はない。【大橋 脩作】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android