コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭化 タンカ

デジタル大辞泉の解説

たん‐か〔‐クワ〕【炭化】

[名](スル)
加熱によって有機物質が分解し、炭素に富んだ物質になること。
他の物質が炭素と化合すること。また、炭化物であること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんか【炭化】

( 名 ) スル
有機物質が、酸素の少ない条件下で加熱されたり、硫酸などによる強力な脱水作用を受けたり、あるいは微生物の働きによって分解したりして、炭素分に富んだ物質になること。 「遺跡から-した米が出土した」
ほかの物質が炭素と化合すること。また、そうしてできた物質。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

炭化
たんか
carbonization

有機物質を空気や酸素の流通を断って加熱すると、黒色の炭素に富んだ物質に変化するが、このプロセスを炭化という。木炭はこの炭化作用の生成物の好例である。生成したものは無定形炭素などを主成分とする集合体で、多くは多孔質であり、きわめて表面積が大きい。炭化の反応がどのように進むかはまだ未知の部分が多いが、加熱によって脱水、脱水素反応がおこり、縮合多環の芳香族化合物が生じ、さらに網目状の構造を形成してゆくものと考えられている。[山崎 昶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

炭化の関連キーワードウュルツ=フィティヒ反応タングステンカーバイドビチュメニゼーションオレフィン系炭化水素パラフィン系炭化水素カルシウムカーバイドエチレン系炭化水素シリコンカーバイドハイドロカーボンメタン系炭化水素不飽和炭化水素カーボランダム炭化ケイ素樹脂脂肪族化合物飽和炭化水素ウルマン反応アセチリドアニリン点オレフィンカーバイド

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

炭化の関連情報