天野政立(読み)あまの まさたつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天野政立 あまの-まさたつ

1854-1917 明治時代の自由民権運動家。
安政元年生まれ。父は相模(さがみ)(神奈川県)荻野山中(おぎのやまなか)藩医。維新後,愛甲郡内で国会開設運動にとりくみ,明治15年相愛社を創立し,地租軽減運動を指導。18年大井憲太郎らの大阪事件に連座し入獄したが,のち大磯町助役,平塚町長などをつとめた。大正6年1月3日死去。64歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android