コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国会開設運動 こっかいかいせつうんどう

1件 の用語解説(国会開設運動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国会開設運動
こっかいかいせつうんどう

明治初期の政治運動。 1874年1月 17日征韓論に敗れて下野した板垣退助後藤象二郎江藤新平副島種臣の前参議が,小室信夫,古沢滋,由利公正岡本健三郎らの協力で民撰議院設立建白書を左院に提出することによって口火を切り,77年片岡健吉が立志社総代として国会開設を要求して「立志社建白書」を提出,80年3月には全国各地代表を集め国会期成同盟が設立された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国会開設運動の関連キーワード自由民権運動運動家嚶鳴社議官テーゼ池田応助石坂公歴尚寅田代季吉森丘覚平

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone