太刀影(読み)タチカゲ

デジタル大辞泉の解説

たち‐かげ【太刀影】

太刀のひらめく光。
「夕日脚の事なれば、―の障子にすきて見えければ」〈曽我・六〉
太刀のおかげ。武功のおかげ。
「御―を以て、信州更級(さらしな)へ帰参申したし」〈甲陽軍鑑・二八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たちかげ【太刀影】

太刀のひらめく光。 「五郎が-を見て、かいふして逃げにけり/曽我 9

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たち‐かげ【太刀影】

〘名〙
太刀の閃(ひらめ)く光。
※太平記(14C後)二九「後より太刀にて切りけるに、太刀影(カケ)に馬驚て」
② 太刀のおかげ。武功のおかげ。武力による庇護。
※甲陽軍鑑(17C初)品二八「長尾殿御太刀かげをもって、信州更級へ帰参申度と」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android