コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田大八 おおた だいはち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田大八 おおた-だいはち

1918- 昭和後期-平成時代の絵本作家。
大正7年12月28日生まれ。第二次大戦後絵本,児童書に専念。油彩や水墨,版画など多彩な技法をもちいる。昭和55年平塚武二文「絵本 玉虫厨子の物語」で絵本にっぽん賞。平成元年児童文化功労者。10年「絵本西遊記」で産経児童出版文化賞。長崎県出身。多摩帝国美術学校(現・多摩美大)卒。挿絵に平塚武二文「馬ぬすびと」,絵本に「かさ」,著作に「私のイラストレーション史―紙とエンピツ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

太田大八の関連キーワードみどりいろのたねだいちゃんとうみいたずらうさぎながさきくんち見えない絵本龍のいる島水墨版画油彩

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太田大八の関連情報