コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田権右衛門 おおた ごんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田権右衛門 おおた-ごんえもん

1835-1866 幕末の武士。
天保(てんぽう)6年生まれ。因幡(いなば)鳥取藩士。京都詰めだった文久3年尊攘(そんじょう)派の同志とともに,保守派の藩重臣黒部権之助らを京都本圀(ほんこく)寺の宿舎で殺害し,幽閉される。慶応2年8月3日,長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩へ脱出をはかり追っ手に殺された。32歳。名は宣輔。字(あざな)は子静。号は甘雨,崐々斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

太田権右衛門の関連キーワード奥田万次郎幕末武士天保

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android