コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太申染 タイシンゾメ

1件 の用語解説(太申染の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいしん‐ぞめ【太申染】

元禄(1688~1704)ごろ、江戸三十間堀の材木屋で太申と号した和泉屋甚助が宣伝のため、「太申」の2字を小紋に染め出して役者中村伝九郎に着せ、売り広めたもの。伝九郎染

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

太申染の関連キーワード元禄市川団十郎幇間桑原仙渓野呂松遣い表具屋節筑前国友禅落語立花時勢粧

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone