コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

失読 しつどくalexia; aphasia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

失読
しつどく
alexia; aphasia

視力や意識の障害,あるいは知能低下がないにもかかわらず,書字言語 (文字,単語,文) の理解が困難あるいは不可能な症状をいう。後天的な脳損傷による局所症状として,失語 (→失語症 ) や失認に付随して現れる。失語を伴わない場合を純粋失読などと呼ぶこともある。個々の文字が読めない場合を字性失読,単語が読めない場合を語性失読と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しつどく【失読】

視覚障害や構音障害がないのに、文字や文章の音読や理解が不能となる状態。多くは失語症や視覚失認に伴って現れる。ディスレクシア。読字障害。失読症。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の失読の言及

【失読症】より

…視力の障害はない。失読の検査は,単語を書いた文字を見せ,それに対応する物品を選ばせる,などによって行われる。失読はほとんどつねに音読障害を伴い,障害の程度も同等なことが多いが,一方が他方より良好な場合もある。…

※「失読」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

失読の関連キーワード脳梗塞(脳軟化症)ヴィクトリア王女ディスレクシア離断症候群視覚失認構音障害視覚障害学習障害失読症脳梗塞音読大脳

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android