奇相(読み)キソウ

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐そう ‥サウ【奇相】

〘名〙 珍しい人相。あやしいまでにすぐれた人相。
※家伝(760頃)上「旻法師撃目留矣、因語大臣、云、入吾堂者、无宗我大郎、但公神識奇相、実勝此人
正法眼蔵(1231‐53)行持「これ生得の奇相なり」 〔王維‐従軍行〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android