コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異相 イソウ

デジタル大辞泉の解説

い‐そう〔‐サウ〕【異相】

普通の人とは異なった人相または姿。
「この小倅(こせがれ)は―をしている」〈芥川・金将軍〉
仏語。四相の一。変化していくもの。
能で、基本的な風体をはずれた芸風。異風。
「あらゆる物真似、―の風をのみ習へば」〈至花道

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いそう【異相】

普通の人と違っている人相やすがた。 「 -の僧」
能で、本道からはずれたやり方。 「あらゆる物まね、-の風をのみ習へば/至花道」
〘仏〙 四相しそうの一。 → 四相

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

異相の関連キーワードアルバジーノコロイドミル長瀞変成岩価値心理学抜粋・抜萃結晶粒界向流装置分散硬化世代交代長谷川伸物質移動界面化学領石層群眠狂四郎同時異相棚段塔竹内流荒俣宏充填塔幌内層

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

異相の関連情報