コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈曾ノ白滝 なそのしらたき

1件 の用語解説(奈曾ノ白滝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なそのしらたき【奈曾ノ白滝】

秋田県南西部,由利郡象潟(きさかた)町小滝にある奈曾川の滝。国の名勝。鳥海山噴出の溶岩絶壁にかかり,高さ26m,落口の幅11m。滝の周辺は老杉などが繁り,修験と関係の深い金峰神社がまつられる。同社蔵の蔵王権現像,観音菩薩像,狛犬は県指定文化財。稲倉岳(1554m)から発する奈曾川の上流はかつて象潟の奥の院といわれた奈曾渓谷で多くの滝がかかり,白滝の上流には白糸滝がある。滝や渓谷一帯は鳥海国定公園に属する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

奈曾ノ白滝の関連キーワード象潟子吉川笹森丘陵東由利本荘本荘平野にかほ由利本荘矢島満安六郷政勝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone