老杉(読み)おいすぎ

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「老杉」の解説

おいすぎ【老杉】

岐阜の日本酒。酒名は、大きなの前に老人が現れ屋号「老田」と酒銘「老杉」を授かったという蔵元の発祥伝説に由来。地元で古くから親しまれてきたやや辛口普通酒。原料米はあきたこまち。仕込み水は飛騨山脈伏流水。蔵元の「老田酒造店」は享保年間(1716~1736)創業。所在地は高山市清見町牧ヶ洞。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

精選版 日本国語大辞典「老杉」の解説

ろう‐さん ラウ‥【老杉】

〘名〙 古い杉の立木
※明衡往来(11C中か)上本「奇巖遶涯旧苔鋪庭。又古松老杉其丈百尺」 〔白居易‐廬山草堂記〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android