狛犬(読み)こまいぬ

  • ×狛犬

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神社や寺院の前に置かれる獅子に似た高麗 (こま) から渡来した獣像といわれこの名がある。魔よけの効があるとされ,平安時代には清涼殿の御帳の前に,左に獅子像,右にが1対並べて置かれた。当初は犬に似た形で口を閉じ頭上に1角があったが,後世獅子像と混同され,両者差異がなくなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

高麗犬(こまいぬ),胡麻犬などとも。社寺門前守護のため置かれる獣形の像。普通は左右1対。起源はインド,ペルシアにあるといわれ,日本では平安中期,清涼殿に獅子(しし)像と1対に置かれたのが始まりと伝える。向かって右が開口,左が閉口が一般。これを阿吽(あうん),陰陽になぞらえる。木・石製のものが多いが青銅・鉄・陶製のものもある。大宝(だいほう)神社(滋賀県),東大寺,白山比【め】(しらやまひめ)神社(石川県),宗像(むなかた)神社のものは有名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

神社や仏寺の門前に置かれている獣形の像をいう。その起源はペルシアやインド地方にあるが,日本ではその異形な姿を犬と思い,日本犬とはちがっているので,異国の犬すなわち高麗(こま)の犬と考えたのである。したがって狛犬と獅子と形を混同したものがあるが,平安時代には明確に区別していた。たとえば清涼殿の御帳前や天皇皇后の帳帷の鎮子ちんず)には獅子と狛犬が置かれ,口を開いたのを獅子として左に置き,口を閉じ頭に1角をもつもの(人の邪正をよく知るという獬豸(かいち)といわれる獣)を狛犬として右に置いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

高麗こまの犬、の意
神社の神殿や社寺の前庭に置かれる一対の獅子ししに似た獣の像。ライオンを基に形象化されたもので、初めは犬に似ていたが、平安末期に獅子に近い形になった。こま。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

獅子(しし)に似た像。胡麻犬、高麗犬とも書く。獅子形とも、また獅子狛犬とも称し、単に狛ともよぶ。本来は獅子であるが、昔、高麗から伝来したので高麗犬というとの説が有力。一説に、魔除(まよ)けとして置かれたので拒魔犬とも。『禁秘抄』に、清涼殿の御簾(みす)や几帳(きちょう)の裾(すそ)に鎮子(ちんし)として置かれたとあり、左を獅子としている。多くは神社の社頭や社殿の前などに守護、魔除けのために置かれるが、寺院に置かれる場合もある。向かい合わせに、一つは口を開き、他は閉じるという阿吽(あうん)の一対として置かれるのが普通であるが、両方とも開口、閉口などの例外もある。木や石でつくられたものは多いが、金属や陶製のものもある。国の重要文化財に指定される遺品は、木造では、東京都府中市の大国魂(おおくにたま)神社、新潟県小千谷(おぢや)市の西脇(にしわき)家、石川県白山市の白山比(しらやまひめ)神社、滋賀県栗東(りっとう)市の大宝(たいほう)神社、同野洲(やす)市の御上(みかみ)神社、同高島市の白鬚(しらひげ)神社、京都市右京区の高山寺(4対。うち2躯(く)の台座に嘉禄(かろく)元年(1225)とある)、東山区の八坂(やさか)神社、伏見(ふしみ)区の藤森神社、兵庫県三田(さんだ)市の高売布(たかめふ)神社、奈良市の薬師寺、和歌山県伊都郡の丹生都比売(にうつひめ)神社(2対)、広島県三原市の御調八幡宮(みつぎはちまんぐう)、同福山市の吉備津(きびつ)神社などのものがあり、石造では、京都市左京区の由岐(ゆき)社、宮津市の籠(こもり)神社、福岡県宗像(むなかた)市の宗像大社、同太宰府(だざいふ)市の観世音寺のものがあり、陶製では、千葉県香取(かとり)市の香取神宮、愛知県瀬戸市の深川神社などのものがある。[三橋 健]
『上杉千郷著『狛犬事典』(2001・戎光祥出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 (高麗犬の意)
① 昔、高麗から伝来したといわれる獅子に似た獣の像。木、石、金属などで作り、玉座の御帳(みちょう)、神社の社頭や社殿の前などに向かい合わせに阿吽(あうん)の一対を置き、威厳を添え、また魔よけとした。もとは宮中の門扉、几帳(きちょう)、屏風(びょうぶ)などの動揺するのをとめるための鎮子(ちんし)として用いたもの。こま。からいぬ。
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「大いなる銀(しろがね)のこまいぬ四つに、〈略〉同じ火取据ゑて、香の合はせの薫物絶えずたきて」
② (①が神社の社頭に一対あるところから) いつも二人連れで行動する人。
[2] 高麗楽(こまがく)の曲の名。犬乱声・破・急の構成であったが、音楽も舞も廃絶。〔二十巻本和名抄(934頃)〕
[補注]「類聚雑要抄‐四」に「左獅子〈於色黄。開口〉右胡摩犬〈於色白。不口。在角〉」とあるように、獅子と対で、右側の口を閉じたもの。後世一対で狛犬と呼んだり獅子と呼んだりする。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の狛犬の言及

【獅子】より

…大日如来の垂迹神,天照大神の神子たる天皇の神格を〈王法即仏法〉の考え方によって権威づける儀礼であった(《江家次第》)。この段階では,唐獅子は仏法のみならず,邪悪なものを退け,国家鎮護を祈念する形代として呪術的な機能が賦与されていたわけで,これを〈ししこまいぬ(狛犬)〉とも呼んだ。仏寺や神社の門前の左右に狛犬を配する風習も,これにかかわりがあろう。…

※「狛犬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狛犬の関連情報