奉掛色浮世図画(読み)かけたてまつるいろのうきよえ

精選版 日本国語大辞典「奉掛色浮世図画」の解説

かけたてまつるいろのうきよえ かけたてまつるいろのうきよヱ【奉掛色浮世図画】

歌舞伎所作事。富本長唄。二世瀬川如皐作詞。二世鳥羽屋里長・九世杵屋六左衛門作曲。市山七十郎振付。文化七年(一八一〇)江戸中村座初演。曾我蛇足筆勢による神功皇后、武内大臣、小原女、髭奴、廓の禿、女猿曳、紅葉狩などが絵から抜け出して踊る趣向

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「奉掛色浮世図画」の解説

奉掛色浮世図画
〔富本, 長唄〕
かけたてまつる いろのうきよえ

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
瀬川如皐(2代) ほか
演者
杵屋六左衛門(9代)
初演
文化7.8(江戸・市村座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android