コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

契文 けいぶん

世界大百科事典内の契文の言及

【甲骨学】より

甲骨文とは,中国の殷代に亀甲や牛の肩甲骨に文字を彫って記録した文。卜辞,契文ともよぶ。この甲骨文は,1899年(光緒25)に河南省安陽市北西郊の小屯村で初めて発見された。…

【卜辞】より

…一般的には中国殷代の卜占の記録をいう。亀甲や牛の肩甲骨を使用して卜占を行い,その亀甲や牛骨に,卜占の内容を小刀で契(ほ)って記録してあるので,甲骨文とも,契文ともいう。1899年(光緒25)河南省安陽市北西郊の小屯村一帯で発見,以後考古学者により発掘されたものをふくめ,約10万片が得られ,殷代研究の基本資料として解読・研究が行われた。…

※「契文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

契文の関連キーワード同文通考甲骨文字甲骨学孫詒譲卜辞