駒場農学校(読み)こまばのうがっこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

駒場農学校
こまばのうがっこう

1874年,内務省勧業寮内藤新宿支庁内に設けられた農事修学場が起源。イギリスから5人の農学教師を招いて駒場野に校舎を新築し,78年1月開校。 81年農商務省へ移管。 86年7月,東京山林学校と合併,現在の東京大学農学部の前身である東京農林学校となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

駒場農学校
こまばのうがっこう

明治前期、東京・駒場(現、目黒区)に設置された農業学校。農事改良のため欧米の学理と技術とを修得すべく、内務省勧業寮管轄のもとに1874年(明治7)内藤新宿(現、新宿区)に設立された農事修学場(1877年農学校と改称)を前身とし、1878年駒場に移転開校。予科(2年)、専門科(3年。農学、獣医学)で、5人のイギリス人教師が英語で授業を行う。ほかに試業科があり、各府県から選ばれた、農業に経験ある者に日本語で教育が行われ、教員に老農船津伝次平(ふなつでんじへい)が招かれた。その後、外国人教師は、有名なケルネルOskar Kellner(1851―1911)やフェスカらドイツ人にかわり、化学分析的手法が導入された。しかし英独いずれも大農経営を前提とし、日本農業の実情に沿わず、「農学さかえて農業おとろえる」観もあった。老農主義、農本主義などに影響されつつ、日本の科学的農学発達の端緒となる。1886年東京農林学校となり、1890年帝国大学農科大学となり、現在の東京大学農学部に至る。[木槻哲夫]
『安藤圓秀著『農学事始め』(1946・雄山閣/復刻版・1964・東京大学出版会) ▽安藤圓秀編『駒場農学校等史料』(1966・東京大学出版会) ▽高山昭夫著『日本農業教育史』(1981・農山漁村文化協会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こまば‐のうがっこう ‥ノウガクカウ【駒場農学校】

明治一〇年(一八七七)東京駒場に設けられた官立の農学校。同一九年東京山林学校と合併して東京農林学校となり、同二三年帝国大学農科大学に併合された。現在の東京大学農学部の前身。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の駒場農学校の言及

【新宿御苑】より

…このため日本の園芸発祥の地とされる。なお,内務省管轄下で農業,園芸の教育施設として場内に設置された農学寮はのち農学校と改称,さらに駒場へ移され駒場農学校(東京大学農学部の前身)となった。79年宮内省の管轄に移されて新宿植物御苑となり,西洋花卉(かき),蔬菜,温室などの研究施設となった。…

【田中芳男】より

…明治新政府でも,ウィーン,フィラデルフィアの万国博覧会に派遣され,新知識を吸収した。駒場農学校(1878年創立,東大農学部の前身)や上野の山に博物館,動物園を創設,また公園を作るほか,セイヨウリンゴや田中ビワ(枇杷)を広めた。蔵書約6000冊は東京大学に田中文庫として保存されている。…

【農業教育】より

…同校は76年札幌農学校に改組(北海道大学農学部の前身),W.S.クラークの指導を受けた。また74年東京に設置された農事修学場は,駒場農学校を経て,90年帝国大学に合併される(東京大学農学部の前身)。これら初期の農業教育は日本農業の資本主義化,大農化をめざして行われた。…

※「駒場農学校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

駒場農学校の関連情報